国際・政治東奔政走

「令和」効果に水差した塚田辞任 解散は年末年始まで警戒モード=佐藤千矢子

    辞表を提出後、頭を下げる塚田一郎副国交相(国土交通省で4月5日)
    辞表を提出後、頭を下げる塚田一郎副国交相(国土交通省で4月5日)

     4月1日に菅義偉官房長官が発表した新元号「令和」の政権浮揚効果は、安倍政権が予想していた以上のものがあったようだ。

     直後の1、2両日に行われた共同通信の世論調査によると、新元号「令和」に「好感が持てる」と回答した人は73.7%。内閣支持率は52.8%で前月に比べて9.5ポイントも上がった。「令和」効果だろう。

     しかし、そんな「令和」歓迎ムードを吹き飛ばすような出来事が起きた。自民党麻生派の塚田一郎副国土交通相(参院新潟選挙区)が1日、福岡県知事選の新人候補の集会で、安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相の地元を結ぶ下関北九州道路(下北道路)の建設計画について、両氏の意向を「忖度(そんたく)した」と、利益誘導とも受け取れる発言をし、副国交相を引責辞任した。

    残り1712文字(全文2043文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット