国際・政治東奔政走

安倍首相の自民総裁4選論は「令和」時代の世論に堪え得るか=人羅格

    新元号を発表した菅義偉官房長官(首相官邸で4月1日)
    新元号を発表した菅義偉官房長官(首相官邸で4月1日)

     天皇陛下の代替わりに伴う新元号が「令和」に決まった。

     菅義偉官房長官が「平成」の際の小渕恵三官房長官(当時)と同様、記者会見で発表した。ただし、安倍晋三首相自ら談話を語り、和書の「万葉集」を典拠としたことを強調するなど、かなり前面に出た印象だった。

     新元号は国民の極めて強い関心を呼んだ。政治的にみれば、発表を通じて脚光を浴びた政権にプラスに作用したようだ。

     年号が変わるからといって、現状や未来に向けた課題が変わるわけではない。それでも代替わりは新たな時代を人々に意識させることになるだろう。

    残り1801文字(全文2049文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット