週刊エコノミスト Online東奔政走

対北朝鮮で日本の態度激変 参院選前に拉致問題の糸口探る=及川正也

 北朝鮮の核問題を巡って事実上決裂した2月の米朝首脳会談後、日米と北朝鮮にそれぞれ変化が生まれている。「核戦争」も暗喩する緊張から一転して「核廃棄・平和条約」に進むかと思われた昨年までの流れがよどみ、「表向きの譲歩」と「控えめな恫喝(どうかつ)」を交えて、少しずつ相手の出方を読む戦術に切り替わった。際立つのは、日本の態度の激変だ。

 政府は今年、国連人権理事会で、北朝鮮の人権侵害に関する非難決議案の提出を見送った。2008年から昨年まで11年連続で欧州連合(EU)と共同提出してきた。決議は「国家最高レベルで決めた政策に従って人道犯罪が行われてきた」と指摘している。北朝鮮に厳しい態度を取るよう国際社会に訴えてきたのは、ほかならぬ日本だ。

残り2249文字(全文2569文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事