国際・政治東奔政走

「景気後退」に神経とがらす安倍政権 浮揚の焦点は「北朝鮮」=前田浩智

    北朝鮮による拉致被害者家族会代表の飯塚繁雄さん(右から2人目)、横田めぐみさんの母早紀江さん(同3人目)らと面会した安倍晋三首相(右端)(首相官邸で3月6日)
    北朝鮮による拉致被害者家族会代表の飯塚繁雄さん(右から2人目)、横田めぐみさんの母早紀江さん(同3人目)らと面会した安倍晋三首相(右端)(首相官邸で3月6日)

     安倍政権の本丸は景気である。集団的自衛権の行使容認も共謀罪も、昨年暮れの入管法改正の強行も、終わってみればどれも堀の外の出来事のような状況で、本丸への影響は軽微だった。2012年暮れの第2次安倍政権スタート以降、景気優先の「安全運転」にしばし徹すれば、内閣支持率が底割れするような事態を招来する恐れもなかった。

     その国内の景気が既に後退しつつある可能性が浮上した。

    残り2280文字(全文2463文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事