テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

日本がリードする人工光合成 太陽光から有用化学品を…=松永新吾/29

図1 人工光合成とは
図1 人工光合成とは

日本がリードする人工光合成 太陽光から有用化学品を作る

 太陽光エネルギーの新たな活用法として、人工光合成が注目されている。人工光合成というのは、文字通り、植物が行っている光合成を人工的に再現する技術のことだ。植物の光合成は明反応(太陽光が必要な反応)と暗反応(光を必要としない反応)を組み合わせることで、水と二酸化炭素から酸素と糖(でんぷん)を作り出すプロセスである。

 一方、人工光合成は太陽光と光触媒(光を吸収して触媒作用を示す物質)を利用して水を分解するところまでは同じだが、酸素やでんぷんを作りたいわけではない。人工光合成の目的はクリーンエネルギーである水素の生成、さらには、二酸化炭素を還元(電子を与える)して炭化水素(炭素と水素の化合物)などの有用化学品を生成することだ(図1)。

残り3047文字(全文3392文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事