経済・企業復活する会社

はとバス 利用者8割増で安定軌道に乗った=大宮知信/3

    年間90万人が利用する
    年間90万人が利用する

     東京観光といえば、はとバス。実際に乗ったことがない人でも、あの黄色の車体を思い浮かべる人は多いだろう。いまでこそブランドイメージが広く浸透し揺るぎない地位を確立したように見えるが、20年前は倒産寸前の苦境にあえいでいた。

     1994年に4億円の経常赤字となり、4年連続の赤字。売上高130億円に対して借入金が70億円。7回も借り換え融資を受け、返すために借りるという自転車操業だった。

     はとバスの社長は代々東京都とJTBのOBが交代で務めていた。いわゆる天下りである。98年当時、経営のかじ取りを任されたのは宮端清次氏。都の交通局の局長として地下鉄大江戸線の建設に取り組んでいた。はとバスを再建しろというのが東京都からの指示。定年の65歳まであと2年しかなかった。優雅な天下り生活を送るどころか「貧乏くじを引かされたと思った」と苦笑する。

    残り1945文字(全文2314文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事