テクノロジー学者が斬る・視点争点

技術革新を潰す時代遅れの規制=堀井亮

    ウーバーのアプリを使うと、乗る前に運賃や配車にかかる時間が表示される(Bloomberg)
    ウーバーのアプリを使うと、乗る前に運賃や配車にかかる時間が表示される(Bloomberg)

     3月29日、米ナスダック市場に大型ベンチャー企業が上場した。米国とカナダで配車サービスを展開するリフトだ。スマートフォンのアプリを使い、自分の車に人を乗せたい運転手と、乗りたい乗客をマッチングする。乗客は、アプリで行き先を入力すれば、近くにいる運転手が表示され、料金も事前に分かる。支払いもアプリなのでトラブルは少ない。複数の乗客が相乗りしてコストや二酸化炭素(CO2)排出を削減するシステムもある。設立から約7年の若い企業だが、今回の上場で時価総額は220億ドル(約2兆5000億円)に上った。

     米配車最大手のウーバーも5月に上場する見通しで、時価総額は1000億ドル(約11兆円)程度と見込まれている。民泊仲介のエアビーアンドビーも年内の上場を計画している。こうしたシェアリングビジネスを中心に、新しいサービスのイノベーション(技術革新)が価値や雇用を生み出し、世界の経済成長を引っ張っている。

    残り2119文字(全文2519文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット