教養・歴史書評

『企業ファースト化する日本 虚妄の「働き方改革」を問う』 評者・新藤宗幸

    著者 竹信三恵子(ジャーナリスト、和光大学教授) 岩波書店 1700円

    真の働き方改革実現に向け、労働者側の対抗策明示

     6年超もの長期政権となっている安倍政権の柱は、国家主義的政策と並んで「雇用」「労働」政策だ。本書は、その本質に厳しく迫るとともに、「本当の働き方改革」に向けた思考と行動を提示する。

     2018年6月29日に「働き方改革関連法」が国会で成立した。長時間労働の是正、同一労働同一賃金の実現などを図るかに見えるが、著者はいくつものフェイク(偽り)がちりばめられているとする。

     労働基準法は週40時間労働を原則としている。ILO(国際労働機関)第1号条約の週48時間労働より厳しい規制だ。だが労働基準法36条は、労使が協定(通称「36(サブロク)協定」)を結べば事実上、青天井の残業が可能で、長時間労働が常態となっていた。そこで働き方改革関連法は「罰則付き上限規制」を導入する。残業の上限は年間で720時間まで、繁忙期には1カ月100時間未満、2~6カ月の平均で月80時間まで…

    残り750文字(全文1192文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月1日号

    スマホ・5Gの新王者第1部20 3大携帯会社に挑む楽天 新技術で5Gの主役狙う ■柳沢 亮/浜田 健太郎24 5Gで変わる通信業界 米巨大IT依存が深まる 勝負は「非通信」ビジネス ■石川 温27 インタビュー NEC 河村厚男 執行役員常務ネットワークサービスビジネスユニット担当 「5Gで世界シェ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事