国際・政治エコノミストオンライン

5月・欧州議会選挙で躍進も 「極右」一大会派形成は困難=ポール・エル=メディオニ

    (注)「極右」政党には右派、ポピュリスト政党を含む。フィデスの議席にはキリスト教民主国民党を含む(出所)欧州議会より筆者作成
    (注)「極右」政党には右派、ポピュリスト政党を含む。フィデスの議席にはキリスト教民主国民党を含む(出所)欧州議会より筆者作成

    詳しくはこちら

     5年に1度の欧州議会選挙が5月23~26日に実施される。英国のEU(欧州連合)離脱(ブレグジット)問題などで結束が問われる中、各国で反EUや反移民を掲げる極右勢力が支持を伸ばしている。特に、フランスの「国民連合」(RN) やドイツの「ドイツのための選択肢」(AfD)、イタリアの「同盟」などが議席数を大幅に増やす勢いで、右派が欧州議会で連合を形成すれば一大勢力となる勢いだ。

     欧州議会選挙は4月16日現在、英国を除く加盟27カ国で実施を予定する。英国のEU離脱は10月末まで延期することで英国とEUが合意し、延期の条件の一つに欧州議会選挙の実施を盛り込んでいるが、現時点で英国が欧州議会選挙を実施するかは確定していない。欧州議会の現在の定数は751議席で、これを国ごとに人口などを加味して配分するが、欧州議会は英国がEUを離脱することを前提に、705議席に削減して議席配分も…

    残り2347文字(全文2742文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット