週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

台湾 台北の東西繁華街で興亡=井上雄介

     台北の繁華街は栄枯盛衰が激しい。歴史ある「西区」に華やかさが戻り、これまでにぎわっていた「東区」が急速に衰退、行政が支援に乗り出した。

     西区は市西部を南北に走る中山路の西側と淡水河を挟む一帯で日本統治時代から繁盛していたが、大型商業施設の取り壊しやアクセスの悪さでここ20年は活気を失っていた。しかし、地下鉄の整備や地元の商売人の努力で、再び市を代表する繁華街へと復活。さまざまな問屋が建ち並ぶ迪化街、若者の情報発信地で…

    残り317文字(全文528文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事