国際・政治東奔政走

政権むしばむ“ソンタクロース” 改憲へ「同日選」唱える浅薄さ=平田崇浩

    「ソンタクロース」という言葉をネット上で見かけたのは2017年から18年にかけて、野党が国会で森友・加計問題を激しく追及していたころだ。政権の意向を忖度(そんたく)することに長(た)け、時には公文書の改ざんなど政権を揺るがす爆弾まで“プレゼント”してしまう官僚組織を、「サンタクロース」をもじって揶揄(やゆ)した言葉だ。

     それが再び永田町でささやかれるようになった。安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相の意向を「忖度した」と公言した塚田一郎元副国土交通相が火付け役だ。

    残り1843文字(全文2077文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事