週刊エコノミスト Online令和の日本経済大予測

令和に上がる株! 6分野41銘柄

     令和に入ると、どんな株が「買い」なのか。勢いの出てくる分野と注目銘柄を紹介する。

    1 五輪・ラグビーW杯・万博 内装・警備・観光に特需

    詳しくはこちら

     令和に入ると、国内で大型イベントが続く。今年9~11月にラグビーワールドカップ(W杯)、来年は東京五輪・パラリンピック、2025年には大阪・関西万博が開催される。

     五輪まで残り1年あまりとなり、施設の内部デザインや内装への需要が本格化。この分野で商品・サービスの供給が認められる「オフィシャルサポーター」となっているのはディスプレー最大手の乃村工藝社だ。都市再開発によるオフィスの内装需要も追い風となり、18年度(19年2月期)は過去最高の受注高と受注残高を計上、19年度も増益を見込む。同様に五輪特需が見込まれる音響・映像機器のヒビノも注目される。

    残り3387文字(全文3737文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事