週刊エコノミスト Online令和の日本経済大予測

令和の新制度(2)情報教育 IT導入で自治体格差が拡大 経済成長とAI時代への分水嶺=渡辺敦司

    学校ICTの整備遅れは深刻な問題だ
    学校ICTの整備遅れは深刻な問題だ

     2020年度から小学校で始まる新しい学習指導要領では、プログラミング教育が必修化されるだけでなく、全教科の授業でIT(情報技術)の活用が求められるなど、「情報教育」が強化される。

     一方、教育分野では毎年1800億円を超える財源が確保されながら、交付される自治体次第で、必ずしも使われる保証のない経費がある。パソコン・タブレットや無線LANなど公立学校のICT(情報通信技術)環境整備費だ。

     使途が限定されない地方交付税として充てられるので、自治体によっては橋や道路など他の事業が優先される。そのため、学校ICTの整備は全体的に遅れているばかりでなく、自治体間格差の広がりが深刻な問題になりつつある。

    残り1457文字(全文1757文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事