週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

英国 富の集中 土地所有でくっきり=竹鼻智

    大邸宅は富裕層の象徴ともいえる(筆者提供)
    大邸宅は富裕層の象徴ともいえる(筆者提供)

     英国の人口の84%が居住するイングランド地方。約13万平方キロメートルの土地の半分は、同地方の人口(約5560万人)の1%にも満たない少数が所有しているという衝撃的な統計が、英『ガーディアン』紙の報道で明らかになった。主な所有者は、英国女王や貴族、一部の大企業だ。掃除機などの製造で知られるダイソンの創設者で、英王室から「ナイト」の称号を授与されたジェームズ・ダイソン氏もその一人だ。

     統計は『イングランドは誰のもの?』の著者で、不動産価格の高騰などの問題に取り組む活動家、ガイ・シュルソール氏がまとめた。同紙は数世代にわたって広範な土地を所有し、現在もイングランド地方の土地の30%を所有する貴族階級の存在を厳しく批判。「現代社会にそぐわない不公平な階級主義が、いまだに存在する」と述べている。

    残り170文字(全文519文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット