国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク 「摩天楼建設禁止」で波紋=冷泉彰彦

    トランプ大統領への挑戦状との見方も (Bloomberg)
    トランプ大統領への挑戦状との見方も (Bloomberg)

     アメリカでは、多くの民主党政治家がそれぞれの「グリーン・ニューディール」を掲げ、アピールに懸命になっている。

     ニューヨークのビル・デブラシオ市長は4月22日、環境への悪影響を理由に「鋼鉄とガラスでできた摩天楼の建設は禁止したい」と発言。街を象徴する摩天楼のあり方を問う発言に、波紋が広がっている。

     禁止の理由について、市長は、摩天楼の材料となる鉄やガラスの製造に際して膨大な二酸化炭素を排出するため…

    残り300文字(全文500文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット