週刊エコノミスト Online挑戦者2019

宮本隆 宮本製作所社長 世界の「洗濯文化」を変える

     洗濯するものと一緒にマグネシウムの粒が入った小袋を洗濯機に入れて回すだけ──。洗剤なしで汚れを落とす「洗たくマグちゃん」シリーズを開発し、ヒット商品に。“洗濯の常識”を大きく変えようとしている。

    (聞き手=大堀達也・編集部)

     マグネシウムを使った洗濯の原理はシンプルです。水道水はマグネシウムと混ざり合うと、水素を含んだ弱アルカリ性のイオン水に変わります。この水には油脂を分解する効果があり、皮脂汚れを落とします。分解率は市販の洗剤と同等。洗剤を使った場合に比べ臭いも取り除けるので部屋干ししても臭いません。使用量の目安は洗濯物5キロに対し100グラム。洗たくマグちゃんシリーズは50グラム(1800円)、70グラム(2400円)、100グラム(3600円)の3種で洗濯量に応じて組み合わせます。いずれも約300回使えます。2013年の販売開始から累計販売数が200万個を超えました。

     ただ、販売開始から2年間は鳴かず飛ばず。消費者に「洗剤を入れるのが洗濯」という常識があり、洗剤を使わないことに抵抗があったからです。一方、マグネシウムを使った洗濯には化学物質を一切使用しないという利点があります。アトピー性皮膚炎の子供を持つ母親など、自然由来の食品や製品を推奨する人たちが使ってくれました。オーガニック(有機栽培)を支持する団体などから呼ばれ、マグネシウムで洗濯する効果について全国…

    残り1005文字(全文1597文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット