教養・歴史書評

『危機感なき茹でガエル日本』『貿易戦争の政治経済学』『日本のものづくりを支えた ファナックとインテルの戦略』『忘れない味』

    『危機感なき茹でガエル日本』 小林喜光監修、経済同友会著 中央公論新社 1600円

     全編に貫かれているのは、経済同友会代表幹事を4年間務めた監修者の強烈な危機感だ。破綻の危機にある国家財政、少子高齢化によって縮小する経済といった国内の現状と、米中が覇権を争う世界情勢の厳しさを指摘。歴史的な革命期にありながら「国民が、危機感を共有できない危機」に対して焦燥感ともいえる監修者の思いが繰り返し述べられる一方で、経済的な豊かさ、イノベーション、持続可能性の3軸から日本が生き抜く道を探る。(T)

    残り731文字(全文976文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事