教養・歴史書評

「嫉妬」を制御するイタリアの特異な三角関係=本村凌二

     人間の感情のなかで「嫉妬」というのは、なかなか制御しにくい。

     18世紀のイタリア貴族社会の生活風俗を描いたロベルト・ビッツォッキ『チチスベオ』(法政大学出版局、4800円)は、イタリア人気質なるものについて注目させる。

     チチスベオとは、夫の同意のもと既婚夫人に付き従い、何くれと補助する任務を負った若者であり、しばしば「付き添いの騎士」と訳される。貴婦人の夫でもないのに、化粧室での身支度や食事にも同席し、邸宅では話し相手になったり遊び相手になったり、外出時にも同伴する。

     あまりにも特異な関係であるから、当時からヨーロッパ中で注目され、しばしばイタリア人気質と結びつけられることがあるという。だが、史実としてのチチスベオとその奉仕活動について、その実態が理解されているとは言い難いのである。

    残り535文字(全文882文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事