週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

岐路に立つ日本的管理会計=高橋賢

    目標原価を達成するためには、サプライヤーとの密な協働が必要だ(トヨタ自動車の生産ライン)
    目標原価を達成するためには、サプライヤーとの密な協働が必要だ(トヨタ自動車の生産ライン)

     我が国が世界に誇る高速鉄道、新幹線。単にスピードが速い、ということだけでいえば、世界には新幹線よりも最高速度が速い鉄道はいくつも存在する。日本の新幹線の素晴らしさは、単にスピードが速いというだけではなく、あれだけの本数の列車を定時で運行し、ほとんど事故がないという点にある。これは単に車両の性能がいいから、ということだけで実現しているものではない。綿密なダイヤ編成と運行システム、訓練された運転士、車掌、清掃員などのスタッフ、といったいわばインフラの部分が整備されているから実現できるものである。

     したがって、日本で走っているものと同じ車両を海外に移出しただけでは、日本国内と同じような運行は実現しないであろう。車両を人や貨物を運ぶためのツールであると考えると、ツールだけを移植してもだめで、インフラも込みで導入しないと思ったような効果は上がらないということになる。

    残り2270文字(全文2654文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット