週刊エコノミスト Online話題の記事

2度目の下方修正 千代建、2150億円の赤字 三菱商など財務支援へ=宗敦司

    海外LNGプロジェクトのコストがかさむ結果に(写真はイメージ)(Bloomberg)
    海外LNGプロジェクトのコストがかさむ結果に(写真はイメージ)(Bloomberg)

     プラント大手の千代田化工建設は5月7日、2018年度の業績見通しを修正し、連結最終損益が2150億の赤字になると発表した。昨年11月に通期予想を65億円の黒字から1050億円の赤字へ修正しており、2度目の大幅な下方修正となった。

     業績の急激な悪化は、2件の海外の大型LNG(液化天然ガス)プロジェクトが主な要因となっている。一つは米国のキャメロンLNGプロジェクトだ。昨年7月にジョイントベンチャー(合弁企業)先で現地工事を主に担当している米マクダーモットが、同プロジェクトのコストが当初予算から大幅に膨れ上がっている可能性を認識し、千代建とともに見直しを行った。その結果、現場作業員の不足が長期化することや、建設地が市街地から離れた場所にあるために利便性が悪く、作業員が定着しないことも加わり、工事の生産性が低くコストも大幅に上昇すると判断、赤字決算予想としていた。

     しかし、その後も従業員不足と離職率の高止まりの状況は想定を超えて継続。全3系列のプラント建設のうち、第2~3系列では生産性がある程度向上するとしていたが、改善が期待できず、コストを厳しく見直したことで損失がさらに拡大す…

    残り744文字(全文1239文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット