マーケット・金融話題の記事

超低金利継続 “幸運の風”に期待する日銀の危うい金融政策=加藤出

    インフレ率予想は常に下振れ
    インフレ率予想は常に下振れ

     日銀は4月25日の金融政策決定会合で政策金利のフォワードガイダンス(先行き指針)に変更を加えた。従来は「2019年10月に予定されている消費税率引き上げの影響を含めた経済・物価の不確実性を踏まえ、当分の間、現在の極めて低い長短金利の水準を維持することを想定している」としていた。

     それが今回は「少なくとも2020年春ごろまで」は金利水準を維持するとされた。これは微妙な修正だ。というのも、消費税率引き上げの影響を見極めるのに必要な期間を6カ月程度とすれば、実質的には以前の表現と大差ないからだ。日銀もこの変更をフォワードガイダンスの「強化」とは呼ばず「明確化」と名付けている。なぜこのような微修正になったのだろうか。

     日銀は今回、21年度のインフレ率予想を1・6%とした。しかも9人の政策委員のうち5人が下振れリスクが大きいと表明した。過去6年、日銀のインフレ予想は激しく下方修正されてきた(図)。黒田東彦総裁在任中(22年度まで)の2%の目標達成は極めて厳しい。

    残り642文字(全文1075文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット