週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

ドバイ 砂漠の町を襲う異常気象=菊地竜次

    雨上がりのドバイ空港 (筆者撮影)
    雨上がりのドバイ空港 (筆者撮影)

     ここ数年、ドバイの気候に変化が起こっている。ドバイは一年中温暖な気候で、季節は夏と冬の二つしかない。夏場はゆうに40度を超え、高湿度の激暑となる。一方、冬は驚くほど過ごしやすく、主に欧州の避寒地として、ビジネスの展示会や文化的なイベントが集中的に開催される。ただ、どちらの季節も基本的に雨は降らず、冬の終わりに数日記録する程度だ。

     ところがここ2年については、冬の終わりにかけての数週間、毎日のように雨が観測された。天気予報は当てにならず、雷を伴う土砂降りも多かった。ドバイの雨は砂を多く含んでいるため、雨上がりの車は雪山から下山したかのように汚れる。洗車をしようにも、これが毎日なのでらちも明かない状況だ。

    残り216文字(全文521文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事