週刊エコノミスト Online挑戦者2019

川岸亮造 KOMPEITO社長 オフィスと農家を両方元気に

     オフィスの冷蔵庫に、野菜や果物、総菜を定期的に届けるサービスで成長。産地直送野菜で、オフィスワーカーの健康を後押ししながら、農業の活性化も狙う。

    (聞き手=岡田英・編集部)

     オフィスでの食事はつい、お菓子やインスタント食品に偏って野菜不足になりがちです。従業員がパフォーマンスを発揮するには、バランスの取れた食事が大事。そこで、企業に冷蔵庫を貸し出し、サラダやカット野菜、フルーツ、ジュースなどのヘルシーな商品を週2回ほど届けるサービス「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」を2014年から展開しています。昨年7月からは、冷凍した総菜を届けるサービスも開始。両サービスで導入企業は東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪を中心に累計約1000社になりました。

     野菜は契約農家などから産地直送で仕入れ、旬の食材も織り交ぜています。手のひらサイズのパックに入れ、…

    残り1236文字(全文1617文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット