教養・歴史書評

『日本が外資に喰われる』『農学と戦争』『柔軟的思考』『警察庁長官狙撃事件』

    『日本が外資に喰われる』 中尾茂夫著 ちくま新書 940円

     バブル崩壊後、不良債権と言えば暗いイメージがつきまとったが、外資から見れば安値で買いたたき、高値で転売できる高収益ビジネスの到来だった。1997年の日本の金融危機とアジア通貨危機の共通点は、各国の老舗企業が次々に外資の手に落ちた「史上最大の資産移転」だったと筆者は分析する。特に先物市場で売りを浴びせ、価格が下がったところで買い戻す手法に世界は翻弄(ほんろう)された。冷徹な政治経済の力学に危機感の薄い日本人に警鐘を鳴らす。(R)

    残り740文字(全文985文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事