教養・歴史書評

アリやトンボになれても人間になれない組織人=孫崎享

    ×月×日

     元伊藤忠会長・丹羽宇一郎氏の『仕事と心の流儀』(講談社現代新書、860円)を読んで最初に思ったことは、「丹羽宇一郎氏は紛れもなく古き良き時代の日本の指導者の一人だ。でも今は時代が違う」ということである。

     私も外務省という組織で働いた。外務省事務方のトップは事務次官である。一時期まで外務省には、外務省事務次官は「最も考察力がある人」か「最も人格的に優れた人」がなるという認識があった。しかしいつの時代からか、このような共通認識はもはや機能していない。

    残り1067文字(全文1297文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事