教養・歴史書評

書店の万引き対策、新展開へ=永江朗

     書店の万引き対策が大きく変わろうとしている。

     書店にとって万引きは、頭の痛い問題である。書籍・雑誌は利益率が低いので、盗まれるとダメージが大きい。近年はオークションサイトやフリーマーケットのアプリが盗品の換金に利用されているともいわれる。万引き犯を捕まえても、その後がこれまた面倒だ。犯人が子どもなら親か学校に連絡して迎えに来てもらい、大人の場合は警察に通報するという書店が多い。しかし、その間、従業員がつきっきりで対処しなければならず、警察に届けると事情聴取や書類作成に時間を取られる。コミックス1冊を盗まれる経済的損失と、万引き犯を捕まえたことで被る時間的かつ経済的な損失を天秤(てんびん)にかけると、代金だけ払わせて放免するという書店も多かった。だがそれが、窃盗という重大な犯罪であるにもかかわらず、罪の意識が薄く…

    残り542文字(全文903文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事