週刊エコノミスト OnlineワシントンDC

中国の資源ゴミ禁輸で勃発 リサイクル危機への対処は=小林知代

    環境に資するはずが(Bloomberg)
    環境に資するはずが(Bloomberg)

     最近、当地で「Do you Kon do?(コンドーしていますか?)」という言葉を頻繁に耳にするようになった。米紙『ウォール・ストリート・ジャーナル』にも取り上げられた近藤麻理恵さんの片付け術が、米国で一大ブームを巻き起こした。使わなくなった物を、処分するか否かを決めるのに、「スパーク(心がときめきますか)」を判断基準とする。そして、「捨てる」と決めた物には、感謝の気持ちを込めながらも、スパッとお別れするという手法だという。コメディー番組でもよく出てくるほど、「コンドーする」は、米国の家庭で日常語として使われるようになった。

     その捨てる物の中には、リサイクルされる物もある。米国ではここ20年間で、リサイクルに対する意識が急激に変化した。筆者が渡米した1990年代は、ガラスのボトルもプラスチック製品も分別することなく、同じゴミとして捨てていた。しかし、社会全体の環境への意識の高まり、自治体の音頭のもとコミュニティーでの努力などが実を結び、ゴミの分別制度も整備された。今では、平均的米国市民は「ペットボトルはリサイクルへ」…

    残り829文字(全文1295文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット