週刊エコノミスト OnlineワシントンDC

サブスクモデルも登場 政治献金は小口で広く=井上祐介

    結束すれば大きな資金力に。写真はバイデン氏の集会(Bloomberg)
    結束すれば大きな資金力に。写真はバイデン氏の集会(Bloomberg)

     2020年大統領選挙の民主党候補を決めるための第1回討論会が6月26~27日、フロリダ州マイアミで開催される。討論会はほぼ月1回のペースで実施され、20年7月にウィスコンシン州ミルウォーキーで開催される党全国大会で党候補者が指名されるまで、全12回が予定されている。討論会は生中継され、少なくとも数百万人の視聴が予想される。

     民主党ではジョー・バイデン前副大統領、16年予備選で善戦したバーニー・サンダース上院議員ら、既に20人以上が名乗りを上げており、大接戦が予想される。

    残り1108文字(全文1346文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット