国際・政治エコノミストオンライン

トランプの危険なイラン挑発 中東で米露の代理戦争リスク=福富満久

    イランのロウハニ大統領(Bloomberg)
    イランのロウハニ大統領(Bloomberg)

     イランのロウハニ大統領は5月8日、2015年の核合意の履行を一時停止し、高レベルのウラン濃縮を再開すると警告した。イラン側の態度の硬化は18年5月、米国のトランプ大統領が15年に米国および5カ国(英仏独中露)とイランが結んだ核合意から離脱し、米独自の制裁を課すと発表したことに端を発する。 

     緊張高まるイラン情勢に対し、米国防総省は5月10日、地対空迎撃ミサイル・パトリオットを装備する艦隊と、海岸から車両を上陸させることができる輸送揚陸艦アーリントンをペルシャ湾に派遣すると発表。また、隣国イラクの米国大使館と領事館の館員に米国への帰国を命じた。中東へはすでに原子力空母エイブラハム・リンカーンを中心とする攻撃艦船群を派遣、臨戦態勢に入っている。

     核兵器開発の疑惑を持たれたイランは06年以降、国連安全保障理事会の決議に基づく経済制裁下にあった。…

    残り2292文字(全文2667文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット