教養・歴史書評

『戦前・戦時期の金融市場 1940年代化する国債・株式マーケット』 評者・板谷敏彦

    著者 平山賢一(東京海上アセットマネジメント執行役員運用本部長) 日本経済新聞出版社 3800円

    遅れた歴史データを整備 金融史研究に一石投じる

     本書は金融史研究において米国に比べて取り残された感があった本邦の戦前・戦時期の金融資産価格データを整備し、債券・株式各アセット(資産)のトータルリターン(総合収益)を計測したものである。

     日米欧を問わず、長らく株式の配当利回りは一般に国債利回りよりも高かった。従って歴史上、株価上昇に伴…

    残り962文字(全文1177文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月3日号

    勝ち残る 消える 大学16 中小私大の「大量淘汰」前夜 日大7校分の学生が消える ■中根 正義19 米一流大学の財務戦略 世界トップの競争力支える寄付と基金 ■片山 英治20 全国大学再編マップ 「1法人複数大」で統合進む ■木村 誠25 インタビュー 仲谷善雄 立命館大学長「日本語だけでは通用せず [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット