国際・政治エコノミストオンライン

再選したジョコ大統領が進めるインドネシア「デジタル化の中身」=佐藤百合

    対立候補のプラボウォ・スビアント氏に10ポイントの差で勝利したジョコ大統領。写真は4月13日に開かれたジャカルタでの集会(Bloomberg)
    対立候補のプラボウォ・スビアント氏に10ポイントの差で勝利したジョコ大統領。写真は4月13日に開かれたジャカルタでの集会(Bloomberg)

     4月17日、インドネシアで5年に1度の選挙が行われた。5月21日に開票結果が公式発表され、現職のジョコ・ウィドド大統領の再選が決まった。ジョコ政権1期目の政策は「インフラ開発」が旗印で、それなりの成果を上げてきた。2024年までの2期目に大統領が注力するのは、世界最大の群島国家の課題解決につながる「デジタル化」である。

     日本ではあまり知られていないが、国のトップを国民が直接選ぶ選挙としてはインドネシアの選挙は世界最大の規模である。

     インドネシアの人口は世界第4位。中国、インド、米国に次ぐ、2億6540万人(18年政府推計)である。有権者数は1億9287万人、そのうちの1億5801万人が全国81万カ所の投票所に足を運んだ(投票率82%)。

    残り3299文字(全文3622文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット