週刊エコノミスト Onlineエコノミストオンライン

米大手タレント事務所が上場へ ネットが加速するエンタメ再編=志村一隆

    エンデバーと契約している元プロレス王者で映画俳優のドウェイン・ジョンソン氏 (Reuters)
    エンデバーと契約している元プロレス王者で映画俳優のドウェイン・ジョンソン氏 (Reuters)

     米国タレント・エージェンシー(タレント事務所)大手のウイリアム・モリス・エンデバー・エンターテインメント(エンデバー)が2019年5月23日、米国証券取引委員会に上場目論見書を提出した。今年秋にもナスダックへ上場する予定だ。現時点で公開価格は未定である。

     ハリウッド映画を中心とする米エンターテインメント業界で、多数の人気俳優のマネジメントを仕切る大手タレント事務所の影響力は大きいが、その多くは非上場企業である。エンデバーが上場を決めた背景には、インターネット動画配信事業者の台頭や、動画サイトのユーチューブで活動する「ユーチューバー」など「個人メディア」の拡大、大手映画会社の合従連衡などの環境変化がある。

    残り2342文字(全文2648文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事