週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

インド 求められる質の高い日本語教育=松本勝男

    日本語学習熱は子どもの時から(筆者撮影)
    日本語学習熱は子どもの時から(筆者撮影)

     インド高速鉄道公社で日本語講座の修了式が行われた。日本式新幹線導入に関して日本文化の理解が必須とされるためだが、日本語学習熱の高まりは、アニメ人気や現地日系企業での就業機会増加がある。現在、講座を持つ8大学を含め180余りの機関で約2万4000人が学ぶ。日本語能力試験の受験者数は、2017年までの10年間で5932人から1万6752人に、日本への留学者数は18年に1600人を超え、5年前の約2.5倍とな…

    残り306文字(全文510文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月3日号

    勝ち残る 消える 大学16 中小私大の「大量淘汰」前夜 日大7校分の学生が消える ■中根 正義19 米一流大学の財務戦略 世界トップの競争力支える寄付と基金 ■片山 英治20 全国大学再編マップ 「1法人複数大」で統合進む ■木村 誠25 インタビュー 仲谷善雄 立命館大学長「日本語だけでは通用せず [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット