教養・歴史アートな時間

美術 クリムト展 ウィーンと日本1900=石川健次

     高価な装身具を身にまとい、恍惚(こうこつ)とした表情で裸身をさらす女性はエロチシズムにあふれ、画面を埋め尽くすほどふんだんに描かれた多様な文様など華やかな装飾性に富む画面はまばゆいばかりだ。19世紀末ウィーンを代表する画家のグスタフ・クリムト(1862~1918)らしさ満載と言っていい。図版の作品だ。

     中世以来の城壁と堀を取り壊して環状道路を建設するなど、近代国家の首都として開発が進む一方、憂愁や退廃など世紀末特有の空気も漂う19世紀末から20世紀初頭のウィーンで、時代の先頭に立って芸術の革新にまい進したクリムトが本展の主役である。

    残り949文字(全文1219文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット