教養・歴史アートな時間

映画 ゴールデン・リバー=芝山幹郎

    (C)2018 Annapurna Productions,LLC. and Why Not Productions. All Rights Reserved.
    (C)2018 Annapurna Productions,LLC. and Why Not Productions. All Rights Reserved.

    フランスの曲者が撮った西部劇

    人の絡みも銃撃戦も陰翳豊かに

     フランス人の監督が、自身初めて撮った西部劇だ。台詞は英語。監督は「真夜中のピアニスト」(2005年)などのサスペンスでお馴染みの曲者ジャック・オーディアールだ。ロケ地は主にスペイン。原題は「シスターズ・ブラザーズ」。

     冗談に聞こえるだろうか。マカロニ・ウェスタンの変種と早合点したくなるだろうか。古典的な西部劇にはなりそうもないが、ではどんな映画かと問われると、即答するのがむずかしい。

     その前に、話の設定をご紹介しよう。主な舞台は1851年のオレゴン。ゴールドラッシュのただなかで、この土地はまだ准州の扱いだった。イーライ(ジョン・C・ライリー)とチャーリー(ホアキン・フェニックス)のシスターズ兄弟は、腕利きの殺し屋だ。ふたりは、提督(ルトガー・ハウアー)と呼ばれる謎のボスに雇われている。

     粗野で乱暴なふたりだが、単細胞の殺人機械ではない。イーライは、地道な堅気の暮らしを夢想している。サイコ的な側面の強いチャーリーも、ときおり不思議な繊細さを覗かせる。

     そんな彼らが、ウォーム(リズ・アーメッド)という男の殺害を命じられる。ただし、殺す前に、彼が発明した「黄金を見分ける薬品」の化学式を訊き出せという条件が付いている。ウォームの居場所を探り出すのは、偵察要員モリス(ジェイク・ギレンホール)の任務だ。

     駒はそろった。敵味方の別がおぼろな役柄もそうだが、癖の強い俳優が4人も集まっている。つまらなくなるわけがない。

     正直に告白すると、私は一瞬、早とちりしそうになった。オーディアールは西部劇の器を借り、ジャン=ピエール・メルヴィルが得意とした犯罪映画の変種を作り出そうとしたのか、と。

     急いで付け加えると、この予測は不十分だった。彼はもっと西部劇に深入りしていた。ジョン・ヒューストンの「黄金」(1948年)やロバート・アルトマンの「ギャンブラー」(71年)など、一風変わった古典のテイストを積極的に取り入れ、曲者4人の複雑な絡みを、陰翳豊かに描き出そうとしていたのだ。

     そのために欠かせない要素はいくつかあったにちがいない。荒野の地形を生かした集団銃撃戦。肉体の痛みに直結する残酷描写。銃弾は頭を貫き、傷を負った主人公の腕は鋸(のこぎり)で切り落とされる。さらにもうひとつ、オーディアールは、戦時の描写のみならず、平時の描写も丁寧に行う。兄が弟の髪を切ってやる場面も印象的だったが、おかしいのは、ふたりがサンフランシスコのホテルに泊まる場面だ。水洗便所を初めて眼にしたときの兄の反応は、ぜひとも見逃さないでいただきたい。

    (芝山幹郎 翻訳家、評論家)

    監督 ジャック・オーディアール

    出演 ジョン・C・ライリー、ホアキン・フェニックス、ジェイク・ギレンホール

    2018年 フランス、スペイン、ルーマニア、ベルギー、アメリカ

    7月5日(金)~ TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット