教養・歴史書評

作家にして研究者が描く傲岸不遜なドゴール評伝=本村凌二

     パリに空路で向かえば、シャルル・ドゴール空港に着く。同名の人はもう半世紀前にフランス大統領を辞任し、翌年に逝去した。若者にはその名が実感としてないだろうし、ましてドゴールという人物について知る者はほとんどいない。

     それに、同時代人として知る世代にとっても、同国人以外の人々にはドゴールはどうも鼻持ちならぬ人物に思えてならない。なにしろ、「私はフランス」などと大言壮語してはばからないのだ。でも、若いころから自分の意志を曲げない反逆児であり、なにやら一筋縄ではいかない傑物らしい。

     佐藤賢一『ドゥ・ゴール』(角川選書、1700円)は、西洋史研究者の経歴をもつ作家の描く歴史人物評伝である。

    残り581文字(全文875文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事