教養・歴史書評

『日本の水産資源管理』『はじめまして、法学』『バブル経済事件の深層』『牙 アフリカゾウの「密猟組織」を追って』

     かつて御殿が建つほど豊富に捕れたニシンだが、今、国内漁獲量はじり貧だ。漁獲枠が未設定だったのだ。水産資源管理が不十分だと、乱獲で魚が減る。すると、漁業者は未成魚でも捕獲する。未成魚は市場価値が低い。かくして漁業者は「捕れない、安い、売れない」悪循環に陥る。本書は、水産会社に勤務する著者らが、日本の水産業衰退の要因と対策を分析する。業者の自主管理に任せて有効手段を講じなかった水産庁の罪深さがうかがえる。(F)

     日々の生活に密接に関係しながら、何か問…

    残り757文字(全文983文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット