週刊エコノミスト Online話題の記事

レオパレス遠い幕引き 改修進まず入居率80%割れ目前 低迷続けば下請け企業へ波及=丸山昌吾

    創業家出身の深山英世社長(左から2人目)らが取締役を退任するなど経営刷新を発表したが……
    創業家出身の深山英世社長(左から2人目)らが取締役を退任するなど経営刷新を発表したが……

     賃貸アパート大手のレオパレス21が、自社の手掛けた施工物件に不備があったと発表してから1年以上が過ぎた。この間、屋根裏の界壁(延焼防止用の仕切り壁)の未設置に加え、外壁構成(部材)での大臣認定との不適合、天井部の施工不備など、次々に問題が発覚した。該当する物件数も広がりを見せ、収束の見通しが立たない状況が続く。

     現在、施工不備問題で調査が進められている物件は約4万棟に及ぶ。そのうち、5月31日時点で施工不備の有無について判定が済んでいるのは半数強だ。施工の不備は、軽微なものを含めると1万6766棟と、会社側は発表している。これは判定済み棟数の4分の3に相当する。

    残り957文字(全文1242文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット