国際・政治話題の記事

タンカー攻撃 原油禁輸制裁で窮地のイラン 緩和狙った「瀬戸際外交」=畑中美樹

    攻撃されたタンカー。「犯人捜し」にはさまざまな思惑が交錯する(Reuters)
    攻撃されたタンカー。「犯人捜し」にはさまざまな思惑が交錯する(Reuters)

     ホルムズ海峡付近で6月13日、日本などのタンカー2隻が攻撃された。米軍は1000人増派の方針で、中東で緊張が高まる。犯行声明がなく、誰が何の目的で行ったのか、さまざまな見方が交錯。イランの関与を断定する米国と否定するイランの応酬が続く。

     筆者は能力面・技術面から考えて、イランの最高指導者ハメネイ師直轄の精鋭軍事組織「イラン革命防衛隊」による犯行の可能性が高いと見る。米国が制裁でイランの原油輸出を阻むなら、ペルシャ湾の対岸のサウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)なども輸出できなくする──。そんな「脅し」と考えられる。

     イラン経済を支える原油の輸出量は2018年4月まで1日当たり約250万バレルを維持していた。

    残り968文字(全文1278文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット