週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

カリフォルニア フリーランス契約見直しへ=土方細秩子

    ロサンゼルス郊外のウーバー支社(筆者撮影)
    ロサンゼルス郊外のウーバー支社(筆者撮影)

     カリフォルニア州は5月29日、ウーバーなどに代表される「個人との契約に基づく」ビジネスに対し、「契約労働者を社員と認め福利厚生その他を保証する」ことを義務付ける法案を通過させた。ウーバーは5月10日に上場を果たしたが、その前日ライドシェアのドライバーらが低賃金で劣悪な労働環境の改善を求めるデモを州都サクラメントで行っており、これに州議会が迅速に対応した形だ。 

     影響を受けるのは他にリフト、アマゾンフレックス、ポストメイトなど、ライドシェアやデリバリーを中心とするフリーランス契約を基本とするビジネスだ。ライドシェアに関しては全国的にこうした動きがあり、ニューヨーク市でもライドシェアを対象に、ドライバーに市の定める最低時給の支払いを義務付ける法案が昨年12月に通過している。

    残り175文字(全文515文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット