週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

インド 航空会社に明暗=天野友紀子

    業界首位のインディゴ(NNA撮影)
    業界首位のインディゴ(NNA撮影)

     昨年こぞって業績不振に陥った国内の航空会社は、今年に入って明暗が分かれた。

     FSC(フルサービスキャリア)のジェット・エアウェイズは10億ドル(約1000億円)を超える債務を抱え、4月中旬に全便の運航を停止。債権団は同社の再建に向けて株式売却の入札を実施したが、有力な出資提案が得られず、営業再開のめどは立っていない。ジェットの経営陣は、人的資源や発着枠など運航再開の態勢が整っているうちに出資を受けたい考えだが、競合…

    残り316文字(全文526文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット