週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

女性が活躍する機会の拡大が成長に=宮本弘暁

    (出所)OECD資料より筆者作成
    (出所)OECD資料より筆者作成

    性別によらない機会の公平性確保を

     世界が取り組むべき大きな課題として、女性のエンパワーメント(活躍機会の拡大など)の促進がある。女性が活躍する機会を広げることは、倫理的な配慮や社会的公平性の観点から大切だから、というだけではない。経済の成長と安定の観点からも女性のエンパワーメントは重要だからだ。

     国際通貨基金(IMF)は2018年10月に発表した研究で、女性の労働参加を促進すると、これまでの想定以上に経済成長に大きく寄与することを明らかにしている。データから女性と男性とが生産プロセスにおいて補完しあうことで経済的利益を生み出すことが読み取れた。この結果は、女性の労働参加は単に労働者数の増加で経済の成長を高めるだけにとどまらないことを意味している。

     効果を生み出す最大の理由は、男性と女性との間には職場で発揮する能力やもたらす視点が異なるからだ。例…

    残り2372文字(全文2749文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット