週刊エコノミスト OnlineワシントンDC

独自の“生態系”を持つ首都 政策をストーリーで語る意味=高井裕之

    “生態系”の中心・ホワイトハウス(Bloomberg)
    “生態系”の中心・ホワイトハウス(Bloomberg)

     米大陸発見者(コロンブス)と初代大統領という歴史的人物2人の名前を冠するワシントンDC(コロンビア特別区)は、1788年にメリーランド州、翌年にバージニア州から土地を割譲され米国の首都となった。人口は約68万人。一辺が10マイル(約16キロ)の南西地区が欠けているひし形で、コンパクトな街である。観光都市としても有名なワシントンは、ホワイトハウスを中心に、連邦政府機関が集中し、独自のエコシステム(相互依存型の生態系モデル)を形成している。

     当地には約400のシンクタンク、約8000人の弁護士と約1万人のロビイスト、約2400人のメディア関係者、175カ国の大使館、世界銀行や国際通貨基金(IMF)などの国際機関、業界団体、教育機関、民間企業などが、行政・立法・司法の三つの連邦政府機関を取り囲んで、エコシステムを形成している。人々はシステム内を往来しながらキャリアを積んでいく。今日セミナーなどで名刺交換した相手が、顧客や情報源であるに…

    残り902文字(全文1323文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット