国際・政治ワシントンDC

国勢調査の質問追加 政権敗北でも残る火種=古本陽荘

    多様な国民性ゆえ Bloomberg
    多様な国民性ゆえ Bloomberg

     国勢調査に、ある質問を加えるかどうかを巡る「政局」がひとまず落ち着いた。「あなたは米国市民ですか」。米連邦最高裁は6月27日、米政府の市民権の質問追加の主張は適当ではないとの判断を下した。トランプ大統領は反発し「大統領令で追加する」といったん表明したが、政府内に異論が多く、7月11日に質問追加を断念。代替案として、市民権を持たない居住者らのデータを商務省に提出することなどを政府機関に求める大統領令に署名した。

     なぜ、国勢調査の質問が「政局」に関わるかについては、調査と選挙制度を説明する必要がある。米国には日…

    残り1034文字(全文1291文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット