国際・政治ワシントンDC

国勢調査の質問追加 政権敗北でも残る火種=古本陽荘

    多様な国民性ゆえ Bloomberg
    多様な国民性ゆえ Bloomberg

     国勢調査に、ある質問を加えるかどうかを巡る「政局」がひとまず落ち着いた。「あなたは米国市民ですか」。米連邦最高裁は6月27日、米政府の市民権の質問追加の主張は適当ではないとの判断を下した。トランプ大統領は反発し「大統領令で追加する」といったん表明したが、政府内に異論が多く、7月11日に質問追加を断念。代替案として、市民権を持たない居住者らのデータを商務省に提出することなどを政府機関に求める大統領令に署名した。

     なぜ、国勢調査の質問が「政局」に関わるかについては、調査と選挙制度を説明する必要がある。米国には日…

    残り1034文字(全文1291文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット