週刊エコノミスト Online注目の特集

一般薬連の「南北朝時代」 発毛剤市場にも飛び火

 市販薬の業界団体である日本一般用医薬品連合会(一般薬連)の「南北朝時代」が、いつまでたっても幕引きしない。大幸薬品の柴田仁会長と、興和の三輪芳弘社長が、互いに一般薬連の「会長」を自称。それぞれ事務所を神田(北朝)と日本橋(南朝)に構え、正統性をめぐって争うこと1年余が過ぎた。

 騒動は2016年5月から2年間、会長職にあった三輪氏が、次期も続投するかどうかでもめたことに端を発する。続投を希望する三輪氏に対し、反・三輪派が柴田氏を擁立。形…

残り330文字(全文550文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

3月28日号

東証再編1年 日本株の大逆襲18 大日本印刷、カナデン…… 本気出し始めた低PBR株 ■安藤 大介21 60年ぶり大改革の東証再編 「骨抜き」批判についに本腰 ■編集部23 スクリーニングで探す 株主還元が期待できそうな120銘柄26 プライム経過措置 適用企業の8割が基準未達 スタンダード移行の救 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事