週刊エコノミスト Online話題の記事

粉飾疑いのすてきナイス 取引縮小やメイン寄せの声

     粉飾決算などの疑いで証券取引等監視委員会と横浜地検特別刑事部が強制調査に入った、建築資材・住宅事業などを展開するすてきナイスグループ(横浜市)。会社側は「粉飾決算には当たらない」と疑惑を完全否定しているが、関係資料を押収されており、説明は客観的な裏付けに欠ける。粉飾の金額や経営への影響度は見えないが、「強制調査の事実は重い」(取引金融機関)との見方が大勢を占める。

     強制調査に入ったのは今年5月。一部取引先ではその後、新規の取引を意図的に控えたり、縮小を進めたりする動きも聞かれる。融資残高が少ない取引金融機関が回収に走り、結果的にメインバンクが融資残高を膨らませる「メイン寄せ」を警戒する声も。「容疑の段階であるものの、粉飾決算リスクに対して保守的に捉えるのは当然の行動」(信用調査会社)。

    残り119文字(全文467文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット