教養・歴史書評

『鳥頭なんて誰が言った? 動物の「知能」にかんする大いなる誤解』 評者・池内了

    著者 エマニュエル・プイドバ(フランス国立科学研究センター研究主任) 訳者 松永りえ 早川書房 1900円

    ヒトのうぬぼれを吹き飛ばす 動物たちの多種多様な知能

     知能とは、想像したり、思案したり、因果関係を明らかにしたり、問題解決の戦略を練り実行したり、というような能力のことで、それはヒト固有のものであると長い間考えられてきた。化石を分類するときも、脳が大きく、常時二足歩行をし、石器とともに出土した化石は、ヒト属に分類するのが常であった。すべて知能と関係があるからだ。

     しかし、動物の生態的研究が進むにつれ、チンパンジーやゴリラのような大型サルの仲間は当然のこと、カラ…

    残り960文字(全文1245文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月30日号

    乗り遅れ厳禁! 移動革命14 企業、業種の垣根を越える MaaSの底知れない破壊力 ■大堀 達也/加藤 結花17 インタビュー 宮岡冴子 モネ・テクノロジーズ企画・渉外部長  「クルマから得られるデータを付加価値に変える」18 Q&Aで学ぶMaaSの基礎知識 ■編集部/監修=阿部 暢仁20 一目で分 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット