国際・政治ワールドウオッチ

インド 日本の還流式ATMが普及=成岡薫子

労働者の振り込みや小売店の売上金の入金などで利用が増えている(NNA撮影)
労働者の振り込みや小売店の売上金の入金などで利用が増えている(NNA撮影)

 日本メーカーが得意とする紙幣還流式の現金自動受払機(ATM)が、インドでも浸透してきた。これまで現金自動支払機(CD)タイプがほとんどだったが、2014年に日立グループの還流式タイプの運用開始とともに普及が進んだ。今や約23万台あるATMの1割強を占める。背景には出稼ぎ労働者や小売店の利用増がある。

 メーカー別のトップは日立グループで、日立オムロンターミナルソリューションズ調べでは、これまでの累計設置数は約1万1000台と還流式市場で50%前後のシェア。13年に参入したOKIは同9000台超で、韓国ヒョースンとともに大手の一角を担っている。OKIは先月、国営銀行最大手インドステイト銀行から3500台の大型受注を獲得したと発表したばかりだ。

残り178文字(全文502文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事