国際・政治ワールドウオッチ

ブラジル ティラピア養殖横行に警戒感=美代賢志

固有種の宝庫であるアマゾン川
固有種の宝庫であるアマゾン川

 アマゾン川の上流・ペルーの熱帯雨林でティラピアの無許可養殖が横行している。アマゾン川の本流が流れるアマゾナス州では養殖を認めていないが、同じアマゾン水系の周辺の州では河川で網いけすを使用した養殖を認可している。このため、養殖のティラピアが逃げ出すことで在来種に影響を与えかねないとの警戒感がブラジル国内で強まっている。

 物流システムが未発達なブラジルの内陸部では、川魚が消費される。しかし在来種の多くは小骨が多く硬いものが多いため、骨切りをした後に油で揚げて調理する必要があるが、骨を切ることができる切れ味の良い包丁を持っている家庭は少ない。そのため、小骨がなく調理が簡単で、手ごろな値段の養殖ティラピアに人気が集まっている。

残り179文字(全文493文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事