週刊エコノミスト Onlineアートな時間

映画 世界の涯ての鼓動 命がけの任務を前に燃える恋 巨匠ヴェンダース監督の新展開=野島孝一

 

ヴィム・ヴェンダースぐらい予測不能の監督はいないのではないか。「ベルリン・天使の詩」のような詩的でファンタジー色の強い作品を作るかと思えば、ドキュメンタリー映画の「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」も撮る。「さすらい」「パリ、テキサス」などロード・ムービーは得意。小津安二郎を尊敬し、「東京画」を撮った。

 今回取り組んだのは、J・M・レッドガードの小説『Sub-mergence』(潜水の意)。舞台が世界各地に及ぶため映画化は難しいと考えられたが、実現した。世界を股にかけて活躍してきたヴェンダース監督でなければ、映画化は難しかったかもしれない。

残り876文字(全文1150文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事