週刊エコノミスト Onlineアートな時間

映画 世界の涯ての鼓動 命がけの任務を前に燃える恋 巨匠ヴェンダース監督の新展開=野島孝一

     

    ヴィム・ヴェンダースぐらい予測不能の監督はいないのではないか。「ベルリン・天使の詩」のような詩的でファンタジー色の強い作品を作るかと思えば、ドキュメンタリー映画の「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」も撮る。「さすらい」「パリ、テキサス」などロード・ムービーは得意。小津安二郎を尊敬し、「東京画」を撮った。

     今回取り組んだのは、J・M・レッドガードの小説『Sub-mergence』(潜水の意)。舞台が世界各地に及ぶため映画化は難しいと考えられたが、実現した。世界を股にかけて活躍してきたヴェンダース監督でなければ、映画化は難しかったかもしれない。

    残り876文字(全文1150文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット